園庭/遊具/植栽

栗木屋には”園テイナー”が在籍しています。【園庭 + エンテターテイナー + 園ていいナ! = 園庭テイナー
既存のメーカー遊具が当たり前の遊具設備ですが「オリジナルの園庭に0から生まれる遊び場」の選択肢もあると私たちは考えます。樹脂や鉄の良さも取り入れつつ、温かみのある木材ベースで外構エクステリアに溶け込む園庭・遊具をご提案させていただきます。ぜひ【園テイナー】にご依頼下さい。

遊具に対する安全性

遊具の業界は安全性に特化した設備を前提に提案しています。もちろん大事なお子様の安全を守ることは責務です。
数十年前までは今では考えられない程危険で安全性の不十分な遊具がはびこっていました。
ですが、その危険の中にはオモシロさとワクワクがありました。規制と基準の中でオモワクを見つける為、栗木屋では先生方、保護者様の意見を取り入れたご提案を目指しています。

なんていったってこども目線

遊び場を設計する上で本当に「子供目線」になっているのでしょうか?既製品を並べただけの大人の満足になっていませんか?遊ぶ楽しさを発見するのは子供たちです、水の流れる小川や虫に出会える森や築山も自然に触れることで感性が育つものだと考えます。ケガしても汚れてもたくましく遊ぶ姿を見るために一緒に作り上げませんか?

完成しない遊び場

固定概念で遊具は設置して終わり。次の遊具導入まで10年そのまま・・・
たくさんの園さん、公園を見て参りました。思い浮かべて見てください….
ずっと完成しない遊び場
なんのこっちゃと思われますね、サグラダファミリアをご存じでしょうか?改善と修繕を繰り返し成長し続ける作品です。幼稚園・保育園・こども園の遊び場も園庭も作品とし成長させていく考えはどうでしょうか?
これは予算という大きな壁もクリアできます。毎年エリアと増設箇所を増やしていくというプロセスです。
また、「滑り台をとりはずしてネット渡りにしたい・・・」などアレンジの出来る遊具なんて今までなかったかと思います。まさにオモワクではありませんか?

他にはない付加価値

キャラクター遊具やFRP遊具はどこにでもあり見た目も可愛らしく誰からも好印象を持たれます。故に個性がなく記憶にもなかなか残りません。私も卒業した幼稚園にどんな遊具があったかは覚えておりません。
子供たちの記憶に残る園庭造りをご提案させていただきます。